音浜高速鉄道1000系(以降、音鉄1000系と言う)は、音浜高速鉄道開業に伴い、「世界で一番環境にやさしいハートフルトレイン」をコンセプトに開発されました車両です。将来的な高速運転に対応するため、モーター車を8両中6両設定し、高加速度を実現しました。貫通扉を取り付け、本宿~深沢間の地下区間への乗り入れを可能としています。また、空港線直通専用車両においては、塗色を空を連想させる青系統に変更することにより、系統の区別を図っています。

 ※製作社 海神車両様